精密根管治療


根管治療とは・・・

むし歯が神経まで到達してしまった場合に行われる歯の根の治療です。

また、過去に神経を抜く治療を受けた歯が痛んだり腫れたりした時の再治療(再根管治療)も合まれます。

神経や血管の通る管(根管)を、キレイに清掃・消毒し、細菌が増えないように詰めものでしっかりと封鎖し、その上にピッタリと合った被せもので歯の補強と細菌の侵入を防止することが大切です。

根管治療の成功率は適切に処置を行えば80~90%と非常に高いことが分かっていますが、日本の保険治療における従来法根管治療の成功率は50%以下と言われています。

当院では歯の根の病気が原因で抜歯になる歯を少しでも多く救いたいと思い、まごころを込めた取り組みで精密な根管治療を心掛けております。

精密根管治療を成功に導く3つのカギ

①ラバーダム

②マイクロスコープ

③CT


①ラバーダム

ゴムでできたシートを用いて治療する歯だけを隔離する道具です。

これを用いることで、口の中を水や薬液から守ることができ、治療中に歯の中には、唾液や細菌の侵入を防ぐことが出来ます。

唾液1mlの中に10億の細菌がいると言われていますので、無菌的環境下で治療を行うためにラバーダムは必要となります。

根管治療の際にラバーダムを用いることは、欧米では一般的ですが、日本では5%ほどと言われています。


②マイクロスコープ

(治療部位を拡大する顕微鏡 「手探りの治療」から「可視できる治療」へ)

従来の根管治療は「肉眼」で行われていましたが、肉眼では非常に組かい根管の詳細を確認することは困難で、「手探りの治療」を行ってきました。

しかし、マイクロスコープを導入することで、今まで見えなかった部位が見えるようになり、問題のある部位を3.5倍~21.3倍に拡大し目で確認しながら「可視できる治療」を行うことができるようになります。

このマイクロスコープという心強い味方を加えることで、治療が可能となる歯の幅が増え、抜歯を避けることができる可能性が大きく上がりました。

日本では、マイクロスコープを導入している歯科医院は、まだ5%程と言われています。

当院ではドイツの光学機器ブランドのカールツアイス製マイクロスコープを使用しております。

肉眼

肉眼   

約20倍

約20倍

※マイクロスコープを使うとこれ位拡大して見ることができます。


③CT(三次元立体画像診断)

ご希望に応じて歯科用CTを撮らせていただきます。

病変の範囲や位置関係を三次元的に調べることができ、通常のレントゲン写真とは、異なる角度から見ることができるので、発見できなかった根管や病変も発見することができます。

「近医にて根管治療を行っているが、なかなか症状が良くならない」という患者様の根管にCT撮影を行うと、MB2根管を発見することがあります。

MB2根管とは、奥歯にある隠れた第4本目の根管と呼ばれています。

上顎の奥歯で出現率40~70%、下顎の奥歯で出現率10~30%です。

MB2根管を見逃さないためには、CT撮影で診査しマイクロスコープを使用した根管治療が必須となります。

また医科用CTと比ベエックス線をあてる範囲を狭く限定することで、照射量もごく少なく撮影が行えるようになっています。

 

③CT(三次元立体画像診断)


根管治療が難しいと言われる理由

根管治療が難しいと言われる理由

根管は複雑な形態をしている為、無数に枝分れした部位に入り込んだ「ばい菌」を100%取り除くことは困難です。

そのため「ばい菌」を可能な限り減らし、しっかりと封鎖することが重要になります。

当院では根管治療の成功率を高めるために、治療に使う器材を駆使し、精密な根管治療を心がけております。


精密根管治療の流れと使用する材料

1.防湿
ラバーダム

ラバーダム

ゴムのシートを使用して唾液の侵入を防ぎ、無菌的環境を作ります。


2.根管拡大
ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイル

根管の中はファイルと呼ばれる細い道具を入れ、細菌に侵された部分を除去します。

従来のステンレスファイルと比べ、柔軟性に富んだニッケルチタンファイルは曲がった歯の根の中にもスムーズに操作することができるのが特徴です。

当院では患者様の根管の形に追従させてより神経を適切に除去できるニッケルチタンファイルを導入しています。

XP エンドシェイバー

XP
エンドシェイバー

XP エンドフィニッシャー

XP
エンドフィニッシャー

Trope先生が開発した最も新しい根管治療用のファイルで、人間の体温と近い35度で形を変える形状記憶のファイルを用い、ファイルが触れない壁面が無いように回転させる形成用ファイルと仕上げ用ファイルです。

トライオート ZX2

トライオート ZX2

さまざまなファイルを最適モードに切りかえて回転させる根管治療用モーターです。

根管長を測定する機能もかねそなえています。


3.洗浄
ジロソニックプラス

ジロソニックプラス

なるべく歯を傷めずに根の中の汚れを落とすために、細かな振動を加える方法が有効です。

この根管洗浄用ハンドピースを使用することで象牙細管内部までの洗浄が期待できます。

ジェントルファイルフィニッシャー

ジェントルファイルフィニッシャー

6本のワイヤーが根管内でブラシ状に広がり、"撹拌効果"、"遠心洗浄効果"、"スクラブ効果"を同時におこなう洗浄ファイルです。

ジェントルファイルフィニッシャー

ジェントルファイルフィニッシャー
"トルネード洗浄"

"トルネード洗浄" で根尖の汚染物質や根管壁のスメア層も巻き上げて隅々まできれいにします。

電解酸性機能水生成器 EO-005

電解酸性機能水生成器 EO-005

アルカリ電解機能水と酸性電解機能水を交互に使用し、根管を洗浄・消毒します。


4.貼薬
カルシペックス

カルシペックス

生体親和性に富む水酸化カルシウム水性ぺースト製材で、殺菌作用のある根管治療薬です。

根管貼薬は数回繰り返す場合があります。


5.根管充填
MTAセメント バイオセラミック

MTAセメント
バイオセラミック

殺菌性と生体親和性をあわせ持った根管充填剤です。

根管の一部に穴が開いてまっているケースは一般的には後が悪いため、抜歯と診断されることが多いですが生体親和性の高いMTAセメントを用いて封鎖することで、抜歯を回避できる可能性があります。


根管治療が終わった後には歯に優しいファイバーコアを入れましょう

最終的な薬を根管に重填した後に、強度と耐久性に優れたグラスファイバーを使用して土台を作ります。

従来法による金属の土台は強度が強すぎて歯に大きな負担がかかり、歯根が割れてしまう恐れがありました。

ファイバーコアは硬さや弾力性が天然の歯に近く、咬んだ時にかかる負担を和らげるという特徴を持っています。

根管治療が終わった後には歯に優しいファイバーコアを入れましょう
根管治療が終わった後には歯に優しいファイバーコアを入れましょう