歯周病治療


成人の80%以上がかかっている国民病

  『歯周病』 かつては歯槽膿漏と言われていました。

歯周病の危険性

歯の喪失原因

歯の喪失原因

歯を失う原因の第一位はむし歯ではなく、歯周病です。

歯肉の血管から侵食した菌が糖尿病や心臓病などの全身疾患を引き起こす原因にもなります。

歯周病とはどういう病気?

歯周病は歯周病菌が原因で起こる感染症です。

約30種類あるといわれる歯周病菌が、歯ぐきに感染して炎症を起こし、歯と歯ぐきの間に3mm以上の溝(歯周ポケット)をつくり出します。

ここに歯周病菌が住みつき毒素を出して、歯ぐきや歯槽骨を破壊するのです。

歯周病の進行
歯周病とはどういう病気?

歯周病菌の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。

痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状はありません。

これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。

ご自分でする歯周病対策のポイント

正しいブラッシングと歯間清掃

 喫煙をやめること

 よく噛むこと

 ストレス解消

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐき

 

あなたの歯周病危険度をチェックしましょう。

  • 朝、口の中がネバネバする
  • 歯ブラシの毛がすぐに開いてしまう
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきがむずがゆい、痛い
  • 歯ぐきが腫れたり血が出ることがある
  • 歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている
  • かたい物が噛みにくい
  • 歯がのびた気がする
  • 歯の間に物がよくはさまる
  • 前歯が出っ歯になった
  • お酒を飲んだ日は、歯みがきせずに寝ることがある
  • 歯がぐらつく


このような症状がひとつでもある方は、歯周病になっているかもしれません。

当てはまるものがありましたら、ライフスタイルの改善にも気をつけながら、検診にいらして下さい。


歯周病が始まる原因はプラークです。

お口の中にはおよそ400種類の細菌が住んでいます。

これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

これをプラーク(歯垢)と言います。

プラーク1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病を引き起こします。

プラークは粘着性が強く、うがいをした程度では落ちません。

このプラークの中の細菌が歯肉に炎症を引き起こし、やがては歯を支えている骨を溶かすのです。

さらに、プラークは取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。

その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けるのです。

正しいブラッシングを身につけ、プラークを取り除きましょう。

治療の流れ

検査・カウンセリング

レントゲン写真やポケット測定などで歯周組織の状態を把握し、治療をすすめます。

検査は必要なステップごとにも行います。


スケーリング・ プラークコントロール

見えるところにある歯石を除去し、歯ぐきの炎症を落ち着かせます。

正しいブラッシング指導を受け、自宅でセルフケアしましょう。

歯石除去器・超音波スケーラーを使用

さっぱり!続けたい!

超音波の振動で歯石のみ分解除去し、歯は削れません。

痛みと時間を最小限に抑えます。


ルートプレーニング

歯ぐきの状態がある程度改善してからポケットの中にある歯石を除去します。

深いところの歯石こそが本当の悪玉。

ハンドスケーラーという歯石除去専用の器具を使って丁寧に除去します。

当院ではできるだけ治療中の痛みがないように、歯に当たる面だけに刃部が付いているスケーラーを、あなたの歯のカーブに最も合った形の中から選んで使用しています。

歯周外科手術

基本的な処置をしただけでは、歯周病が改善しない場合には、歯肉の切開をして、歯根に付いている(深いポケット内に付いている)歯石や炎症部分を除去したり、いびつな歯槽骨の形態を直し、歯根と歯肉が新しく付着するように縫い合わせる「歯周外科手術」を行います

メンテナンス

歯周治療が終了しても再発させないためには、日頃の丁寧なブラッシングは、もちろん必要ですし、定期的に検診とケアを受けることが大切です。

歯周病治療は患者様と術者が力を合わせて初めて成功する二人三脚のようなもの。

一緒にがんばりましょう。


歯周組織再生療法について

歯周病の進行により失われた組織を再生させる治療法です。

術前
術後

<エムドゲインを使用した再生療法>

エムドゲインを使用した再生療法

スウェーデンで開発された、歯が生えてくるときに、重要な働きをするタンパク質を主成分とする薬(エムドゲイン ゲル)を塗って歯周組織の再生を誘導する方法です。

エムドゲインを使用した再生療法

※画像をクリックすると拡大します。

エムドゲインゲル 使用許可書

エムドゲインゲル
使用許可書