矯正治療

大人から始める矯正

マウスピース矯正
透明ブラケットを使用したワイヤー矯正
プチ矯正


大人の自分はもう矯正するのは遅い?

もともと歯並びが悪いことは知っていたけど、中学・高校はずっとそのままだった。

でも、最近になってやっぱり歯並びと口元が気になりだしたという方は実際とても多いです。

しかしながら、「成人矯正だと歯が動かない」、「抜歯しないといけないって聞いた」、「矯正治療は子供のころにするもの」等の誤解を生むような情報で、一歩を踏み出せずにいませんか?

ご安心ください。決してそんなことはありません。成人でも歯は勤きますし、さくらデンタルクリニックでは、できるだけ抜歯をしないで矯正することをおすすめしています。

また、最近では、歯周病の進行を防止する目的で、歯並びを矯正されるシニアの方も増えています。

8020運動(80歳で20本の歯を残そう)達成者には叢生や反対咬合、開口などの不正咬合者はほとんどいないということが分かっています。

当院では、歯周病治療と矯正治療を組み合わせた包括治療をおこなっております。


矯正中に虫歯にならないように

矯正中は歯磨きしにくくなりますので、虫歯になりやすくなります。

当院では矯正前には虫歯治療を行い、矯正中には来院時に歯のクリーニングを行って、ケアをしております。


インビザラインについて

インビザライン

インビザラインとは3次元コンピューター画像技術を使い、オーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型の矯正装置です。 

治療開始から終了までの歯の動きをシュミレーションして、最終マウスピースまでを作成し、アメリカから発送されます。

1997年から、これまでに全世界800万人を超える患者が治療を受けています。

日本では2006年に販売が開始されました。

インビザラインについて


インビザラインのメリット

  1.   透明で目立たない
     
    透明なマウスピース型の装置なので、着けていることが、ほとんど分かりません。

  2.   0.5mmの厚さで喋るときも邪魔にならない

    多くの方が想像するマウスピースとは違い、厚さが0.5mmと薄く作られていますので、喋るときに違和感を感じにくくなっています。

  3.   通院回数が少ない

    治療開始から終了までの過程を専用コンピューターでシュミレーションして、最終マウスピースを一度に製作します。
    ご自宅で約1~2週間ごとに新しいマウスピースに交換していただきますので、通院は1~2ヶ月に一度のチェックに押えることが可能です。

  4.   自由に取り外し可能

    自由に取り外しが可能なので食事中の煩わしさがありません。
    また、ご自身でお掃除も可能なのでフロスもいつも通りに行うことが出来ます。
    定期的に新しいマウスピースを使用しますので、衛生的です。

  5.   ホワイトニングと一緒に行うことができる

    インビザラインのマウスピースを使い、ホームホワイトニングをしながら歯並びを整えることが可能です。当院では、インビザラインをお求めの方でしたら、無料でホワイトニングを提供しております。


インビザライン矯正時の注意

  • 1日に20時間以上の装着が必要です。

    装着時間が短いと、次のステップに移れないため治療期間が長くなったり、治療計画そのものを変更しなければならない場合があります。


  • マウスピース矯正とはいえ、全ての症例に万能な装置ではありません。

    但し、難しい症例でも他の矯正装置と併用することで、適応が可能になる場合があります。
    詳しくは相談時にお問い合わせください。


インビザライン認定医

インビザライン認定医
アライン・テクノロジージャパンで勉強会に
参加しています。

歯を動かす治療が終了後歯並びを安定させる治療へ

歯を動かす治療が終了しても、装置を外して終わりというわけではありません。そのままにしておくと、せっかくきれいに並んだ歯並びが多少なりとも崩れようとします。 

また新しい咬み合わせの位置に口腔内周囲筋などが適応していくまでにも時間がかかります。そこで、保定装置(リテーナー)と言われる取り外し式装置を使用していただきます。

または、歯の裏にごく細いワイヤーを貼っておきます。

この期間の来院間隔は3~6ヶ月に一度程度になります。

保定期間が終了し、咬み合わせが安定していれば矯正治療は終了です。


成人矯正治療の流れ

1カウンセリング

問診・診査をして、考えられる治療法について説明を行います。


2検査・分析

顔面写真、口腔内写真、印象採得、エックス線写真などの資料を揃えて分析を行います。


3診断・治療計画の説明

現在の症状と、治療法ならびに費用について説明します。


4口腔衛生指導・前処置

矯正治療に入る前にクリーニング・ブラッシング指導や、必要なカリエス治療などを行います。


5装置装着・動的治療

マウスピース矯正装置を作成、またはブラケットとワイヤーを装着して、少しずつ歯を動かしていきます。


6装置除去・保定

歯並びがきれいになり矯正装置を除去した後は、保定装置を入れて噛み合わせを安定させます。


矯正治療の料金

マウスピース矯正
750,000円
ワイヤー矯正
700,000円
プチ矯正
100,000円~
400,000円

保定装置
10,000円~
60,000円

(税別)